いらない服売る

いらない服売るならどこがいい?

Just another WordPress site

季節の終わった洋服はリサイクルショップに売ります

読了までの目安時間:約 2分

季節の終わった洋服はリサイクルショップに売ります

 

私の実際に洋服を売った体験です。洋服は季節が終わる頃になったら、すぐにリサイクルショップに行き売ってしまいます。それは、まだ旬のあるうちに売ると高値で売れるからです。

 

たとえば夏物でしたら、8月の下旬には売ってしまいます。まだ着れそうですが店頭にはもう秋物が出始めていますので、早く売ってしまわないと価格が下がってしまいます。

 

特にブランドものは、買取価格が良いですね。無名なメーカーは絶対に価格が安くなり、10円でも良い方といった状態です。ブランドものですと、300円くらいで引き取ってもらえます。

 

更に高く買い取ってもらうには、洋服の手入れが重要』になってきます。汚れがないか、ほつれがないか必ずチェックして売ります。

 

実は、売る曜日も重要』なんです。土曜日曜は来店客が多いこともあり、店員さんもいい加減に査定されますので、月曜日の午前中がオススメです。 暇な時間帯ですので、丁寧にしてくれます。

 

『女性用なら女性のスタッフの方が断然良い』ですね。ブランドも知っておられますし、男性よりも少し高めに設定していただけます。

 

なるべく汚れを少なく、アイロンもかけて出す』と良いですね。綺麗な洋服が条件です。

う~ん...期待に反する査定結果でした

読了までの目安時間:約 2分

う~ん...期待に反する査定結果でした

 

先日やっと重い腰を上げて、家族全員分の洋服をやっとの思いで冬物へ衣替えしました。

 

この機会に思いきって、ここ2年間は着ていないであろう洋服を、まとめてリサイクルショップに売ることにしたのです。

 

私が5年くらい前にGAPで購入した格子柄の厚手の生地で出来たストレートのパンツと、オレンジのリブ編みセーター、主人の紺のニットとグレーの厚手のニットカーディガンを選びました。

 

そして、ついでにもう履けなくなってしまった7センチヒールの、ダイアナで購入したお気に入りのパンプスも売ってしまう決意をしました。

 

子供が小さい頃は追っかけ回してばかりの毎日ですので、すっかりスニーカー慣れしてしまい、ヒールのパンプスには戻れなくなってしまったのです。

 

いざ、近所のリサイクルショップへ。1時間の待ち時間を終えて、査定結果を聞きに行きました。

 

う~ん...期待に反して私のボトムスは流行にそぐわなすぎたようで「買取り値が付かず」で、それ以外は「微々たる金額の値が付いた」だけでした。ダイアナのパンプスが意外にも一番良い値が付き、300円でした。

ドンドンダウンで売ったお金で充実した1日を

読了までの目安時間:約 2分

ドンドンダウンで売ったお金で充実した1日を

 

数年前に話題となった『ドンドンダウン オンウェンズデイ』が地元に出来たとき、姉と2人で不要な洋服とバッグを60点近く売りに行きました。

 

姉妹で衣替えをすると、毎年30~50点近くの「もう着ない服」が生まれてしまうので、とても良い機会でした。基本的には、洋服はまとめて『キロ500円』の計算で引き取ってもらっていました。

 

ファーのコート(おばさんのお下がり年代物)と、ヴィトンのクラッチバック(母のお下がり使い古し見た目は良好)の2点だけ、高額買い取りしてもらえたのです。

 

2人合わせて2000円での買い取りだったので、非常に良い価格で買い取りをしてもらったと思います。そのお金でそれぞれ1点ずつ洋服を購入し、帰りにスイーツを食べて帰ることができたので、とても充実した1日になりました。

 

毎月洋服を買うことが趣味なので不用品を捨てるのではなく、また違う人に利用してもらう機会があるということですから、今ではできるだけ綺麗に使用するようにしています。

思い出ある品ですから大切に扱って欲しいものです

読了までの目安時間:約 2分

思い出ある品ですから大切に扱って欲しいものです

 

サイズアウトした子供服を、まとめて買い取ってもらいました。品物は、女の子用のスキーウェアやハロウィンで着られるミニーマウスの赤と白の水玉のスカートに、黒いスパッツが付いているものです。

 

今回は大手チェーン店ではなく、地元のお店に初めて持って行きました。買い取り価格、お店の様子、店員さんについても全く情報がなく、場所だけしか知らなかったので緊張しながら持って行ったのでした。

 

そこは、おじさんが一人でやっていらっしゃるお店で、大手リサイクルショップのように査定に何十分も待たされることはなく、その場で広げて査定して下さったのは良かった点です。

 

結果的に値段も大手チェーンよりは、良い値段が付いたと思いますので満足でした。ただひとつ気になったのは査定をする間、ボールペンで持ち込んだ洋服をポンポンたたきながら、考えていらっしゃったことです。

 

不要となったとはいえ、思い出のある洋服です。そこがどうしても気になり、大切に扱って欲しいな...とずっとモヤモヤしていたのでした。

着ていない夏服を断捨離でリサイクルショップへ!

読了までの目安時間:約 2分

着ていない夏服を断捨離でリサイクルショップへ!

 

キャミソールやTシャツ、カットソーなど夏のトップスは次から次へとつい買ってしまいます。ブランド品などは捨てられずに取っておくので、着ていない服がどんどん溜まっていき置く場所がなくなってきました。

 

そこで、夏の衣替えの時に思い切ってリサイクルショップへド~ンと持って行くことにしたのです。着ていない物が多かったので、保存状態は良い方でした。

 

セレクトショップなどのブランド品でも、5年以上前の物でしたから1枚10円くらいかな?と思い、紙袋に詰めて近くのリサイクルショップに向かいました。

 

ブランド毎に分けたりしていましたが、その必要もなかったのか直ぐに見積もりが終わり1枚1円での買い取り。ブランド品でもユニクロのような物でも同じで、キャミソールやシャツなど直接肌につけるものは1円でした。

 

確かに自分が買う時に抵抗があるものだし仕方ないなと思ったので、断捨離で捨てようと思っていた物なのでと割り切って、100円にもなりませんでしたが売りました。

 

私は近くで歩いて行ける場所にリサイクルショップが2件あるので良いですが、車で持って行ったりしたらガソリン代にもならないので、手間もありますし夏のトップスはリサイクルショップに持って行くより捨てた方が良いかも知れません。

愛する我が子の為にリサイクルをして服を購入します

読了までの目安時間:約 2分

愛する我が子の為にリサイクルをして服を購入します

 

子供は、すぐに成長して大きくなります。しかし、写真を撮るイベントも多く、出掛けたりすることも多いものです。

 

そんな中、我が子にはその度に違う服を着せて、写真に残してあげたいと考えています。

 

そして出来る限りブランド品の素敵な服を着せたい、可愛い服を着せたいと思っているのです。現状では全てをデパートで買ってはいられないので、いつしかリサイクルショップを覗くようになりました。

 

そして子供がだんだん大きくなってくると、まるで服を交換するかのように着れなくなった服を売り、販売金額にお金を足してまた新しい洋服を買うということを繰り返しているのです。

 

服を売るためには常日頃から、綺麗に着させることがポイントです。少しでもシミが出来てしまったら、すぐに柄物用の漂白をして、シミは絶対に残さないようにします。

 

また毛玉は、気付いたらすぐに取り除きますし、リサイクルショップに持っていく前はしっかりアイロンがけをします。

 

こうすれば、名の知れたブランドの服で状態が良ければ、しっかり販売ができるのです。エコだなと自分でも感心してしまします。

リサイクルショップは割り切って利用します

読了までの目安時間:約 2分

リサイクルショップは割り切って利用します

 

5~10年前のリサイクルショップは、ほとんどの服を良い値段で買い取ってくれていましたが、最近は少し様子が変わってきました。

 

手軽に洋服も買えますし、物が溢れ返っているからでしょうか?贅沢になってきていて、ローリーファームズ等の安いブランドの服は買い取らず、カーネリアン等の高目のブランドであっても二束三文で買いたたかれます。

 

そして、買い取った値段の10倍以上で売るのです。そんな理由でリサイクルショップへは最近、思い入れのある良い状態の服は売らなくなりました。

 

要らないけど捨てるにはもったいないと思う服を、リサイクルショップへと考えれば気が楽です。いつもリサイクルショップで服を売る時は『ゴミ箱へ捨てることを考えれば、値段が付くだけマシ』と思って利用しています。

 

そうじゃないと、自分が高いお金を払って買った事自体が非常に無駄に思えてきて、悲しくなるからです。何か新しい物を買う際も『リサイクルショップ』での事を毎回考えて、お金を無駄にしないように気を付けています。

予想外の買取に拍子抜けしてしまった理由は

読了までの目安時間:約 2分

予想外の買取に拍子抜けしてしまった理由は

 

以前、リサイクルショップに着なくなったお洋服をまとめて買取してもらったのですが、その時に少し拍子抜けしてしまった経験があります。

 

衣類の状態が良いものが、比較的高いお値段が付いたのは自分でも納得できたのですが、一方で購入時の価格が高かったものよりも、比較的安かったお洋服の方の買取が高単価だったのです。

 

最初はどうしてか分からなかったのですが、後者の方が人気のあるブランドで需要があるためでした。

 

私としてはフラッと立ち寄って、良いなと思い購入したものでしたので、予想外の展開に驚いてしまいましたね。

 

そのお洋服はジャーナルスタンダードというブランドなのですが、この一件があって以来、そのブランドに注目するようになりました。

 

何が他のブランドのお洋服と違うのだろうと思ったのですが、頻繁に注目してみたことで、ここは流行を取り入れながらも、時間が経っても流行り廃れていないような魅力を感じ始めたのです。

 

ですので他のブランドのお洋服と比べて、長く愛用できるところが人気を集めているポイントではないかなと思いました。

 

私はこのブランドのお洋服は買取に出してしまいましたが、お洋服を購入する時はたくさんの人に長く愛されるお洋服なのかどうかも考えて、買うようにしたいです。

初めての洋服買取は名前を聞いたことのあるお店で

読了までの目安時間:約 2分

初めての洋服買取は名前を聞いたことのあるお店で

 

リサイクルショップ(ブックオフ)で、ナルミヤブランド(メゾピアノ・ポンポネット・エンジェルブルー・デイジーラバーズ)の子供服を50枚ほど売りました。

 

ナルミヤの服はとても丈夫なので、大きいサイズの物はまだまだ着れそうでしたが、さすがにもう卒業しようと思って売りに出すことにしたのです。

 

なんとなくですがリサイクルショップには抵抗があって、今まで足を運んだことはありませんでした。

 

ですから洋服を売ってみようと色々なお店を調べてみて、最終的に決めたのは、よく名前を聞いているお店でしたし安心できるだろうということで「ブックオフ」でした。

 

売りに出す服に関しては、シミや汚れなどがついている服が1枚でも混ざっていると全ての服に悪い印象をもたれると思い、持っていく前に念入りに確認しました。

 

洗濯機で洗える服はきちんと洗濯して、丁寧にアイロンをかけてたたんで持って行き、ブランド別に袋に入れてカウンターに出したところ、全て買い取ってもらうことができました。

 

お店選びに関しては、友人からのアドバイスや口コミを参考にすると良いと思います。

私はフリマよりもリサイクルショップ派です

読了までの目安時間:約 2分

私はフリマよりもリサイクルショップ派です

 

リサイクルショップで、よく洋服やファッションアイテム(バッグ、靴、アクセサリーなど)を買い取ってもらっています。

 

一度、フリーマーケットを利用したことがあるのですが、大変なわりに儲けが少なかったですし、接客は私には向てなかったのかどっと疲れが出てしまいました。

 

フリーマーケットは私には合わなかったので、今は気軽に近所のリサイクルショップを活用しています。必要事項を申込書のようなものに書き、身分証明書(保険証など)を見せれば、あとは査定を受けるのを待つだけ。店内でブラついています。

 

そこのお店は庶民的なところで、ゴミが増えるのは嫌なのか、靴箱などは持って来ないで下さい!と言われて持ち帰りました。

 

商品だけが、必要なんでしょう。また、セーターなど毛玉が付いていると返されてしまったこともあるので、そういうのは事前に処理しておくといいですね。

 

長く続けるコツは、意外と高い値段で買ったものでも安く買い取られますが、それを承知で気軽に利用してみるということ。

 

タンスの肥やしがお小遣いになるのは嬉しいので、これからも利用するつもりです。