いらない服売る

いらない服売るならどこがいい?

Just another WordPress site

主人の服好きには悩まされてばかりです

読了までの目安時間:約 2分

主人の服好きには悩まされてばかりです

 

主人は服が大好きな人で、私の3倍以上の服を持っていて家は洋服だらけです。普段はスーツで仕事なので、ほとんど私服は着る機会もないのですが、休みの日に服を選ぶのが楽しそうで何よりです。

 

そうはいっても着ない服もかなり沢山あり、主人の場合は1年以上着なかった服でもまた着始めることもあるので、手放すことが難しとのこと。

 

先日、主人が2年以上着ていないと思われる服も片付けてしまおうと、思い切って古着屋に売りに行きました。

 

私と娘の服も合わせると、結構な量になったのです。隣町にある古着屋さんは「90%以上買取り実績!」を掲げており、かなり期待できそうでした。

 

服だけでなく、バックやベルトなどの小物、娘のぬいぐるみなども売ることができるので良かったです。また、ポイントカードなるものがあり、たくさんポイントを貯めることができました。

 

やっと整理ができたと喜んでいる横で、なんと主人は買取査定の間にお店を物色し、目ぼしいものを何着か見つけて買っていたのでした...。

 

せっかく売ったのに、また服が増えるのかと思うとゲッソリしました。

高く売れるポイントと値段がつかないポイント

読了までの目安時間:約 2分

高く売れるポイント

 

昨年の秋頃だったでしょうか、人気ブランドを中心に買取をしている古着屋さんに、着なくなった洋服を売りに行きました。「コート(トゥモローランド)」「セーター(ラルフローレン)」「ボタンダウンシャツ「ユナイテッドアローズ)」の3点。

 

売りに行く前に自分で予想した買取価格は、コートは着用して7年位経っているので値が付かない、ラルフのセーターは3年位だから1000円かな、ボタンダウンは2回しか着ていないのでせめて800円が希望でした。

 

買取を待っている間にそのお店の古着を見て回りましたが、え??と思うような品に2000円と付いていたり、これ500円?と思うくらい良さそうな品があったりするのです。

 

値段の付け方には、色々と理由があるのだなと知りました。そこで査定が終わった買取値段を聞いて、ビックリしてしまったのでした。

 

「コートは古いですが、トゥモローランドの物は人気がありますし状態が良いので1200円です。ラルフのセーターは状態が良いのですがVネックなのと、ポロマークが赤色なので人気が無いのでこちらは300円です。ボタンダウンは季節的にこれからは売れないので50円です。」

 

この価格で宜しければ買取りますがいかがでしょうか?えーっ!!予想と全然違う...。

 

新しいから高く売れるわけじゃなくて、ブランドの人気度とか服のデザインとか色とか季節とかなんだ。目からウロコの出来事でした。