いらない服売る

いらない服売るならどこがいい?

Just another WordPress site

私はフリマよりもリサイクルショップ派です

読了までの目安時間:約 2分

私はフリマよりもリサイクルショップ派です

 

リサイクルショップで、よく洋服やファッションアイテム(バッグ、靴、アクセサリーなど)を買い取ってもらっています。

 

一度、フリーマーケットを利用したことがあるのですが、大変なわりに儲けが少なかったですし、接客は私には向てなかったのかどっと疲れが出てしまいました。

 

フリーマーケットは私には合わなかったので、今は気軽に近所のリサイクルショップを活用しています。必要事項を申込書のようなものに書き、身分証明書(保険証など)を見せれば、あとは査定を受けるのを待つだけ。店内でブラついています。

 

そこのお店は庶民的なところで、ゴミが増えるのは嫌なのか、靴箱などは持って来ないで下さい!と言われて持ち帰りました。

 

商品だけが、必要なんでしょう。また、セーターなど毛玉が付いていると返されてしまったこともあるので、そういうのは事前に処理しておくといいですね。

 

長く続けるコツは、意外と高い値段で買ったものでも安く買い取られますが、それを承知で気軽に利用してみるということ。

 

タンスの肥やしがお小遣いになるのは嬉しいので、これからも利用するつもりです。

新品タグ付きのコートでも

読了までの目安時間:約 2分

新品タグ付きのコートでも

 

以前、リサイクルショップに不要になった洋服を売りに行きました。ノーブランドで新品タグ付きのコート、使用済みだけど購入価格はいいお値段だったブランドのスカート、2~3回着用しただけの安いノーブランドのコートの3点を持って行ったのです。

 

一番値段が付いたのが「安いノーブランドのコート」でした。その次が「ブランドのスカート」で、「新品タグ付きのコート」は引き取ってもらえませんでした。

 

なんで???売れたもの、売れなかったものを、自分なりに分析してみました。まず、一番値段が付いた(といっても300円程度)の安いコートについて、これは色がダークグレーでした。

 

売れなかったコートは、新品タグ付きでこそあるけれども、色が青と緑の中間色だったのです。

 

そうなんです、私自身もこの青緑色のコートを着ようとしたものの、センスがなくて他の洋服に合わせられず、リサイクルショップに持ち込んだという経緯でした。

 

ダークグレーであれば合わせやすく、売れやすい。一方、奇抜な色の服は売れにくい、ということだったのだと思います。

服を売ってしまうのは思い出も一緒に出してしまうこと?

読了までの目安時間:約 2分

服を売ってしまうのは思い出も一緒に出してしまうこと?

 

数年前、地元のリサイクルショップに古着を売ったことがあります。

 

当時は私もまだ若く独身で、持っている服は現在と違い比較的ブランドなどの高価な物でした。その為、買取価格に過剰な期待をしてしまい、思うような金額にならずにガッカリした記憶があります。

 

特別にファッションに興味があるわけでもありませんでしたが、それまで数年間を一緒に過ごしてきた自分の服に対して、ある種の同士のような感覚があったので売りに出すときは少々寂しかったです。

 

部屋のスペースと体型に合わなくなった、その後も着ることが無さそうだ等の理由から、リサイクルショップに持ち込んだのでしたが、いざ自分の手を離れるとなると、ちょっと意外な程に心が動揺しているのを実感しました。

 

それから数年して、あの時売った服を無性に懐かしく思う時がありますが、他の人に大切に着てもらっているならば、むしろあの服にとっては幸せな事なんだと考えています。

 

そして何よりも、あの時に古着を売りに出したこと自体が、自分の中で新しい思い出になっているんだと気付きました。

断捨離をして不要な洋服を整理しましょう

読了までの目安時間:約 2分

断捨離をして不要な洋服を整理しましょう

 

最近「断捨離」という言葉を、よく耳にするようになりました。断捨離とは不要なものを断って捨てて、物への執着から離れることを目指す整理法なのですが、私も少しずつ実践するようにしています。

 

その中でも今まで結構執着があり、自分の趣味でもある洋服を断捨離することに集中しているのです。

 

結構気に入った物があればすぐに買ってしまうのですが、一回だけ着てあとは着ないという洋服が整理すると大量に出てきます。

 

しかし、いつかは着るだろうなぁとか、私が太ったせいで着られなくなった洋服も痩せて着られるようになるまでとっておこう!なんてすぐに考えてしまうのですが、そこは断捨離精神で頑張って仕分けします。

 

そして捨てるのはさすがにもったいないので、不要な洋服はリサイクルショップに売りに出すようにしているのです。

 

新しい物をそれなりの値段で買い取ってくれるお店と、着古したものは衣類であれば重量で何円として買い取ってくれるお店とに分けてリサイクルしています。

 

しかし断捨離は分かるけれど、その買取値段が少ないと何だか自分が否定されたようで悲しくなってしまいます。また私が愛した洋服たちも、リサイクルショップにて再び誰かが着てくれると思うと、ちょっと救われた気持ちにもなります。

 

大切な資源を断捨離としてすぐにゴミ箱に捨てるのではなく、リサイクルショップに売るなどして再利用を考えたいものです。

リサイクルショップは主婦の強い味方

読了までの目安時間:約 2分

リサイクルショップは主婦の強い味方

 

着なくなった洋服を捨てられないでいる母親の姿を見て育ってきた私は、どうしても洋服を取っておく事が嫌でした。ですから必要が無くなった洋服は知り合いにあげるか、リサイクルショップへ売ったりしていました。

 

以前はどんな服も買い取りしてもらえたのですが、最近は意外に厳しくて一つ一つ時間をかけてチェックされ、買い取ってもらえない洋服も結構あります。

 

一応、売りに行く前に洗濯をして綺麗にはしていくのですが、やはり売れ残るとお店側としても意味が無いので、売れそうな洋服だけを買い取っているみたいです。

 

特に独身の頃は流行物の服ばかり着ていたので、時期が過ぎてしまうと売るのが大変です。我が家には成長がとても早い子供達がいるもので、着れなくなった子供服が大量にあります。

 

もし次に子供が生まれることがあれば、その子に着させられるかなとは思っているのですが、やはりそのまま取っておいてもカビが生えたり保存場所に困るので、リサイクルショップへ売りに行きます。

 

売れたとしても微々たるお金なので、もうちょっとだけ高く買い取りしてもらえればなと思うのです。今はクローゼットのスペースが空き、スッキリしているのが嬉しいところです。